禁煙外来

喫煙の影響

生活習慣の中で、喫煙も、癌や動脈硬化の危険因子のひとつです。肺癌の死亡率に関しては、(本数により幅がありますが)非喫煙者の2倍~15倍に増加し、虚血性心疾患の死亡率に関しては、1.8倍~3倍に増加します。

この他に、くも膜下出血、胃潰瘍、胃癌、咽頭癌、食道癌などの原因となります。

夫が1日20本以上喫煙する妻の肺癌死亡率は1.91倍になります。お母さんが喫煙している、3歳児の喘息様気管支炎の有症率は、家族に喫煙者のいない家庭の2.9倍になります。まさに、「百害あって一利なし。」

以上のことより、自分自身のためにも、愛する家族のためにも禁煙は必要です。

何故禁煙できないか

「分かっちゃいるけど、止められない。」それは、貴方がニコチン依存症になっているからです。皆さんも、お気付きと思いますが、朝、「起き抜けの一服」が美味しいですよね。これは、夜、寝ている間にニコチンの血中濃度が低下し、ニコチンが欲しくて我慢できなくなっているからです。

禁煙するには

禁煙するには

当クリニックでも行っていますが、禁煙外来を受診し、まず、ニコチン依存症であるかチェックする必要があります。簡単な質問10項目に回答して頂き、5項目以上当てはまり、1日の本数と喫煙年数を掛けたものが、200以上であるかたは、ニコチン依存症と診断されます。

※平成28年4月より、
35歳未満の方は、1日の本数と喫煙年数を掛けたものが200以上でなくても、ニコチン依存症と診断されるようになりました。
未成年者若年喫煙者でも、治療を受けられる可能性があります。

禁煙補助剤

ニコチン依存症と診断されると、当クリニックでは、健康保険での禁煙治療が可能となります。(できない保健医療機関もあります。)禁煙補助剤には、パッチ剤と、内服薬との2種類があります。

禁煙するには

禁煙するには

では、実際の禁煙外来について説明します。
初回外来受診後、2週間目、4週間目、8週間目、12週間目の計5回の外来受診が必要です。
受診時に、禁煙状況、呼気一酸化炭素濃度検査、症状などを伺い、お薬を処方します。
ニコチンパッチを選択した場合、30mgを4週間。20mgを2週間。10mgを2週間。計8週間使用します。
バレニクリンの内服を選択した場合、まず、0.5mgを1日1回3日間。0.5mgを1日2回4日間。計1週間服用します。この間の1週間は煙草を吸っていてもかまいません。8日目からは1mgを1日2回12週間内服します。
早期に禁煙を達成できることが目標ですが、12週目までに禁煙が達成できれば良いと私は考えています。
一度健康保険を使って、禁煙外来を受診した方が、上手く禁煙できなかった場合、次の保険診療が可能となるのは1年後になりますのでお気をつけください。

お問い合わせ

生活習慣病や糖尿病、肥満、高血圧などの相談は当クリニックへご相談ください。

TEL:0978-23-1143